カツオブシムシは幼虫の方が厄介だった!驚きの生態を徹底解説!

カツオブシムシの仲間の中でも、家の中で見かけることが多いのがヒメカツオブシムシとヒメマルカツオブシムシです。

この2種類は似たような生態を持っています。

成虫は花粉や花の蜜を餌としており、主にキク科の植物を好みます。

ガーデニングをしている方の中には、花に集まる姿を見たことがある方も多いでしょう。

問題は幼虫です。

その名の通りかつお節などの乾物を食害することもありますがそれだけではなく、絹や毛糸といった動物性繊維でできた衣類も食べてしまいます。

また、ヒメマルカツオブシムシに関しては植物性繊維を食べることもあるためより被害が出やすいです。

成虫は春から夏にかけて発生します。

家の中に入られると卵を産み幼虫が発生する恐れがあるため、洗濯物などにくっついていないかよく確認することが望ましいです。

▼PICK UP

▼NEW

  1. 一人暮らし必見!ダニに触れずに駆除できる方法を教えます!
  2. ダニが原因で病気を発症!?実際にあった驚きの症例とは?
  3. ダニが家で発生するのは何故?どこからやって来る?原因を徹底解…

▼CATEGORY

  1. コラム

    コバエが私にだけ寄ってくる…。その原因は意外なアレだった!
  2. コラム

    ダニによる痒みを”今すぐ”鎮めたい!という時に効く方法とは?
  3. コラム

    ゴキブリが出たら…あと99匹いる!?よく聞く話の真実を調べてみた!
  4. コラム

    ゴキブリが人を噛む!?身を守るために知っておくべき「G」の話。
  5. ダニ

    家に出るダニは「チリダニ」!?生態を知って正しい対策をとろう!
PAGE TOP