コバエは寿命が短い!なのに居なくならないのは何故!?驚愕の事実を教えます。

気が付くと大量発生しているコバエは、単体の寿命は1ヶ月程度しかありません。

死んでしまうまでの期間が短いのであればすぐにいなくなるのではないかと思うかもしれませんが、寿命が短いということは一生のサイクルが早いという意味でもあります。

その中にはもちろん子孫の繁栄も含まれています。

コバエは一度に数十個の卵を産み、それが孵化した後で1ヶ月で成長しきります。

そのため少しの期間だけでも、ネズミ算式に増えてしまいます。

したがってコバエを退治したい場合は寿命を迎えて自然といなくなってくれることを期待してはいけません。

すでに成長して卵を産むことができる個体を駆除することはもちろん、卵を産まないような環境作りも大切です。

▼PICK UP

▼NEW

  1. ダニ駆除を”業者”に頼んだら費用はいくら?相場や依頼時の注意…
  2. ダニが原因で病気を発症!?実際にあった驚きの症例とは?
  3. ダニが家で発生するのは何故?どこからやって来る?原因を徹底解…

▼CATEGORY

  1. コラム

    【害虫】赤ダニはどうやって駆除すればいい?殺虫剤は効かない?今すぐ知りたいダニ対…
  2. コラム

    ゴキブリが人を噛む!?身を守るために知っておくべき「G」の話。
  3. コラム

    コバエが私にだけ寄ってくる…。その原因は意外なアレだった!
  4. コラム

    布団が「チクチク」するのは何故?掃除機をかけても改善しない現象を解説します!
  5. コラム

    ゴキブリが出たら…あと99匹いる!?よく聞く話の真実を調べてみた!
PAGE TOP