ダニが発生しやすい「季節」はいつ?種類で異なる?調べてみた!

ダニの仲間はあらゆるところに生息しています。

なかでも日本人にとって身近なものは部屋の中に生息している種類。

アレルギーの原因になったり、刺されたりした経験がある人も多いのではないでしょうか。

日本で最も多いのはヒョウヒダニです。

刺されることはありませんがアレルギーの原因になります。

一年中みられますが高温多湿を好むので、特に春から夏の季節に増えるのが特徴です。

ツメダニは人の体を刺して体液を吸うことがあり、刺されると炎症がおこります。

このダニは梅雨や夏の終わりの季節に増えるのが特徴。

8月から9月ごろには注意が必要です。

イエダニはおもにネズミや鳥に寄生していますが、人の血を吸うこともあります。

6月から9月ごろに発生します。

▼PICK UP

▼NEW

  1. ダニによる痒みを”今すぐ”鎮めたい!という時に効く方法とは?…
  2. ダニが家で発生するのは何故?どこからやって来る?原因を徹底解…
  3. ダニ駆除を”業者”に頼んだら費用はいくら?相場や依頼時の注意…

▼CATEGORY

関連リンク

  • https://www.koikoihoikuen.com/

    福岡県北九州市の小倉北区にある湯川こいこい保育園は企業が社員の子供と地域の子供を対象とした企業主導型保育園となっております。管轄する省府以外は、認可保育園同等以上で運営する普通の保育園なので、他とは変わらないすくすくのびのびと教育を行っています。

    www.koikoihoikuen.com/

  1. コラム

    コバエが私にだけ寄ってくる…。その原因は意外なアレだった!
  2. コラム

    ゴキブリが人を噛む!?身を守るために知っておくべき「G」の話。
  3. コラム

    ゴキブリが出たら…あと99匹いる!?よく聞く話の真実を調べてみた!
  4. コラム

    コバエアレルギーがあるって本当?その噂の真実を徹底調査!
  5. コラム

    【アカダニ】植物を育てている人は要注意!赤ダニはあっという間に増殖します。
PAGE TOP