家の中でみる”茶色い小さい虫”の正体は?人やペットに害はある?

家の中で見かけることがある茶色い小さい虫は、シバンムシの可能性があります。

シバンムシは日本中に生息しており、一年中活動しています。

特に4月から11月にかけての暖かい時期に活動が活発になります。

キッチンや貯蔵庫、本棚・戸棚などにいることが多いようです。

人やペットを刺したりすることはありませんが、幼虫が食害を起こします。

パンやペットフード、小麦粉などを食べられてしまうことがあります。

植物由来の乾燥している食べ物がシバンムシの好物です。

シバンムシには色々な種類がありますが、その中には畳を食べてしまう種類もいます。

一度畳に発生してしまうと、次々に増殖し数が増えてしまいます。

食害を防ぐには、食品の保管方法に気を付ける必要があります。

▼PICK UP

▼NEW

  1. ダニによる痒みを”今すぐ”鎮めたい!という時に効く方法とは?…
  2. ダニが原因で病気を発症!?実際にあった驚きの症例とは?
  3. ダニが家で発生するのは何故?どこからやって来る?原因を徹底解…

▼CATEGORY

  1. ダニ

    家に出るダニは「チリダニ」!?生態を知って正しい対策をとろう!
  2. コラム

    食用ゴキブリって何!?誰がいつ食べるの?巷で噂の話を調査してみた。
  3. コラム

    布団が「チクチク」するのは何故?掃除機をかけても改善しない現象を解説します!
  4. コラム

    【アカダニ】植物を育てている人は要注意!赤ダニはあっという間に増殖します。
  5. コラム

    布団クリーナーで「ダニ」は本当に駆除できる?気になる話を調査してみた。
PAGE TOP