蚊アレルギーとは?発症する仕組みや対処法を教えます!

蚊にさされ「唾液腺物質」が体内に注入された際に起きるアレルギーを、蚊アレルギーと言います。

症状としては、すぐに出る物とちょっと遅れて出るものが特徴です。

刺された後すぐに出る症状は、発赤・痒み・腫れなどがあり、翌日以降に出る症状としては、発赤・腫れ・水疱などがあります。

蚊アレルギーの症状が出た場合には、早期に適切な対応を行うのが大切です。

具体にいうと、医療機関にすぐに行って診療してもらうこと。

「ステロイド入り抗ヒスタミン薬」の外用薬か「抗ヒスタミン薬」の外用薬を処方されることが多いでしょう。

また、痒みが強くて我慢できない場合は、「抗ヒスタミン薬」の内服薬を出してもらうこともあるかもしません。

医療機関に行く前に、症状の悪化を防ぐために患部の掻きむしりはしないようにし、また痒みを抑えるためにさされた部分を冷やすのがいいでしょう。

▼PICK UP

▼NEW

  1. ダニによる痒みを”今すぐ”鎮めたい!という時に効く方法とは?…
  2. ダニが家で発生するのは何故?どこからやって来る?原因を徹底解…
  3. ダニ駆除を”業者”に頼んだら費用はいくら?相場や依頼時の注意…

▼CATEGORY

  1. コラム

    コバエが私にだけ寄ってくる…。その原因は意外なアレだった!
  2. コラム

    【害虫】赤ダニはどうやって駆除すればいい?殺虫剤は効かない?今すぐ知りたいダニ対…
  3. ダニ

    家に出るダニは「チリダニ」!?生態を知って正しい対策をとろう!
  4. コラム

    【アカダニ】植物を育てている人は要注意!赤ダニはあっという間に増殖します。
  5. コラム

    ゴキブリが出たら…あと99匹いる!?よく聞く話の真実を調べてみた!
PAGE TOP