ムカデアレルギーとは?発症する仕組みや対処法を教えます!

ムカデの毒は蜂の有する毒と似ていますので、刺されるとアレルギー症状が出る恐れがあります。

刺された箇所に痛みが出るだけでなく、悪寒や吐き気、頭痛等が引き起こされるケースもあります。

刺された時に体内では何が起こっているのかを確認すると、ムカデのもつ毒がアレルゲンとなって体内の抗体と反応し、その反応の結果ヒスタミン等のかゆみの原因物質が分泌されて、かゆみや炎症が引き起こされる仕組みです。

毒成分が注入される時に物理的な刺激を受けるのと同時に、注入された物質の化学的刺激によって症状が起こります。

正しい対処法は、まずはすぐにお湯で洗い流します。

ムカデの毒は熱に弱いことを利用し、43~46度の熱で活動を弱め、途中で弱酸性以外のシャンプーや石鹸で洗い流したらステロイド系の外用薬を塗るのが応急処置です。

▼PICK UP

▼NEW

  1. ダニによる痒みを”今すぐ”鎮めたい!という時に効く方法とは?…
  2. ダニ駆除を”業者”に頼んだら費用はいくら?相場や依頼時の注意…
  3. ダニが家で発生するのは何故?どこからやって来る?原因を徹底解…

▼CATEGORY

  1. コラム

    布団が「チクチク」するのは何故?掃除機をかけても改善しない現象を解説します!
  2. コラム

    布団クリーナーで「ダニ」は本当に駆除できる?気になる話を調査してみた。
  3. コラム

    コバエアレルギーがあるって本当?その噂の真実を徹底調査!
  4. コラム

    ゴキブリが人を噛む!?身を守るために知っておくべき「G」の話。
  5. コラム

    食用ゴキブリって何!?誰がいつ食べるの?巷で噂の話を調査してみた。
PAGE TOP