ムカデが発生しやすい「季節」はいつ?種類で異なる?調べてみた!

ムカデが発生しやすい季節は、繁殖時期にあたる5月から6月の春になります。

特に梅雨の湿気の高い時期に繁殖活動が行われる時期です。

繁殖時期を過ぎて産卵された卵がかえるのが9月から10月の秋になります。

この時期になると脱皮を繰り返して大きく成長するので活動も活発になり、多く見られる時期です。

日本に生息しているムカデは100種類以上と言われていますが、主に見かけることが多いのは3種類になります。

種類によって発生しやすい時期に違いはなく、活動が活発になる季節はほとんど同じです。

温かくじめじめした湿った場所を好むので、沖縄地方などでは冬でも見かけることがあります。

温かい場所が好きなので、冬などは温かい場所を探して屋内に侵入してくることも多いので注意が必要です。

▼PICK UP

▼NEW

  1. 一人暮らし必見!ダニに触れずに駆除できる方法を教えます!
  2. 布団クリーナーで「ダニ」は本当に駆除できる?気になる話を調査…
  3. ダニが原因で病気を発症!?実際にあった驚きの症例とは?

▼CATEGORY

  1. コラム

    【害虫】赤ダニはどうやって駆除すればいい?殺虫剤は効かない?今すぐ知りたいダニ対…
  2. コラム

    コバエが私にだけ寄ってくる…。その原因は意外なアレだった!
  3. コラム

    食用ゴキブリって何!?誰がいつ食べるの?巷で噂の話を調査してみた。
  4. コラム

    ゴキブリが出たら…あと99匹いる!?よく聞く話の真実を調べてみた!
  5. コラム

    ゴキブリが人を噛む!?身を守るために知っておくべき「G」の話。
PAGE TOP